バーオソルとは

バーオソルの歴史 バーオソルは、ロシア系フランス人バレエ教師のボリス・クニアセフ氏によって1953年に考案されたメソッドです。彼の設立したダンス学校のスタジオが歴史的建造物に指定されていたため壁にバーを設置することが出来なかったので、バレエのウォーミングアップを基にして床に寝た状態や座った状態で行うことが可能な方法を考え出しました。彼のメソッドは、ダンサーが必要とする筋肉の強化、正確な体のポジションの理解を容易にするなど、プロのクラシックバレエダンサーたちからその有用性を認められ広まっていきました。現在ではプロ・アマチュアダンサーのみならず、一般の方々にもバレエダンサー特有のしなやかな体を作る方法と認知され、世界で多くの方に実践されています。

基本動作 バーオソルは様々な嬉しい効果(柔軟性向上や筋力アップ、また機能改善・身体矯正など)が期待できるため、近年では日本でもフィットネス愛好家・プロダンサー・スポーツ選手・モデルなど多くの方に受け入れられています。バーオソルを通じてご自分の心と身体と向き合い、毎日がより一層健やかに過ごせます様お手伝いできればと考えております。